日章旗ゴルフボール1

ワンボール・ルール(One ball rule)

 

ワンボール条件とは、正規のラウンド中、違うブランドや違うモデルのボール(数字だけが異なるものは 同じブランド・モデル球である)への取り替えを禁止するルール。

 

数日に及ぶ競技の場合、ラウンドごとに異なるブランド・モデル球に変更しても(それぞれの 1ラウンドを ワンボールで完結すれば) ワンボール条件に違反したことにはならない。

 

なお、JGAが2009年度からアマチュア競技にはワンボール条件を採用しないと決めたので、アマ競技では、公認球であれば、ホールごとに使用球を取り替えても良くなった。

 

 

 

我は、ワンボールなので、OBとか池にいれずに最後まで1つのボールでプレーする事。かと思ってました・・・

 

そんなの超プレッシャーですね、球を1個だけ持って、なくしたら終了。

 

朝一、1ホール目のティーショットをOBしたら、おつかれさんで、はいさようなら。

 

やばい、ドキドキする。

 

カート道を歩いてクラブハウスまで帰る経験・・・

 

 

よしっ。

そんなルールを「ネオ・ワンボールゴルフ」としてプレーしてみよう。

 

 

 

ヘラヘラ笑いながらのゴルフも楽しいですが、

 

 

時には、胃がキリキリするスーパー緊張感をもってプレーすると、脳が身体が皮膚が刺激され、若さがよみがえり、エネルギッシュな心境になる。

 

 

そこで、

「ネオ・ワンボールゴルフ」をプレーする変わった人募集。

募集条件は、ドMとまではいいませんが、まいっかの思考では務まらないとおもいます。

お金払ってるのにプレーせずに帰るのもったいない、とか言わずに、自分に厳しく、自分で決めたことを守れる人。

ゴルフの為に一日あけて、朝早く起きて、何時間も車で移動し、プレー代払って、もしかしたら一球で終わる可能性もあります。そんな状況を受け入れられる精神をもってないと難しいです。

池ポチャやドスライス・ドフックが笑えません。マジで笑えません。OBが死ぬほどキライってゴルファーがよくいますが、ネオ・ワンボールゴルフですとホントに死にます。命がとられるという意味ではありませんが・・・

ただ、こんな経験は人生において二度と味わえないでしょう。無意識のうちに保険をかけながら、常にセーフティーな状況に身をおいていては本当の達成感は味わえません。すべてをすててこそ得るものは大きいと考えます。

しかし、誰にも称賛されません。ふーんって感じです。自身の達成感のみです。ドライバーで勝負しようが、短いのできざもうが勝手。はたまた、ピンを狙うのか、池をよけて広い方に打つのか、正解はありません。自分のスタイルや生き方が正直にあらわれるはずです。

予想ですが、1番ホールのティーショットは最高シビれるでしょう。ブルブル震えるでしょう。ドライバーがもてないかも・・・

試合でOBしても打ちなおせるけど、ネオ・ワンボールゴルフルールはなくしたら終わり。プロでも経験しない状況でのショット。しかし、無事フェアウェイに球が転がったとき、ゴルファーとしての階段を一段上がれると確信します。

アホやなぁって思う人、しょーもなぁって思う人が99.9%でしょうが、0.1%の変わり者で行いましょう。

 

【ネオ・ワンボールゴルフルール】

★ボールに目印を参加者が付ける。(自己申告なので無理に付けなくてもよい)

★ボールをOBや池などに入れてなくなった時点で終了。ラフでみつけられなくても終了。

★池でもOBでも手が届いてとれる範囲はOK。

★1ホール目で終了した場合は、そのままクラブハウスに帰れますが、2~9ホールで終了した場合はそのまま同行し、残りハーフをキャディとしてプレーしている人に仕える。

★基本二組8人にし、ハーフ終了後残っている人が一組になる。

★万が一1人しか残らなかった場合は、最後に終了した人が、キャディーとして最後まで仕える。

★前半で終了した人は後半は同行せずにさっさと帰る。

★あくまでも、なくしてはいけない事に重きをおいているので、万が一ボールが割れてしまった場合はとりかえてもOKとします。クラブの破損や、ボールが傷つく程度はみたことありますが、割れたりするのはいまだみたことありません。

 

 

※ちなみに、我がは最初に使ったボールを18番ホールのカップに入れたことはありません。

 

 

「君は生き残ることができるかっ!」

 

 

参加希望の方は 【お問い合わせ】よりご連絡下さい。我がは参加なので残り7名。

 

 

 

ホールインワンするには、一打一打一打にドキドキドキが必要。

GOOD LUCK

9E無