DSC02369

歩測の基本。

 

実際に歩測を始める前に、ある程度正確な一歩を固める必要があります。

 

そしてその「一歩」は「約1ヤード」になるのが理想です。

 

もちろん体格等の個人差はありますが、正確な距離感をマスターするためにです。

 

 

その方法としては・・・、

 

先ず、通勤時や散歩などの普段の生活の中で良く歩く道を選びます。

 

そしてその道に歩測用の目印がある場所を見つけましょう。

 

この目印には、敷石や塀が分かりやすいと思います。

 

電信柱や街路樹などは正確さに欠くのでバツ

 

測りやすさを考え、30cm(45cm)角の敷石が一番で、次に180cm(90cm)ごとに継ぎ目や柱のある塀が良い。

 

つまり、30cm角の敷石のある道なら3枚を一歩で歩くようにします。

 

また180cmごとに区切られた塀沿いの道ならその区切りを二歩で歩くようにします。

 

この「一歩=約1ヤード=約90cm」で歩く練習ができる環境を見つけることが重要。

はGPSがあり正確に測れる距離。

 

歩測を極め目視を養うか、機械に頼るか、決めるのはアナタ。

 

ホールインワンするには、距離感を完璧にする。

GOOD LUCK

9E無