2dc87714

バージニア州リッチモンド

父の日に親子でゴルフを楽しんでいた父親と息子が、パー3のホールでそれぞれホールインワンを決めた。

ルーニー・ホワイトナー氏(57)と息子のザック君(13)。二人がホールインワンを記録したのは、リッチモンドのリバーポイントゴルフクラブの6番ホール。

父親のホワイトナー氏がギャップウェッジで打ったボールは、115ヤード離れたグリーン上のフラッグポールに当ってそのままカップインした。一方、100ヤード離れた場所から6番アイアンでショットしたザック君のボールは、ピン側に着地後、ゆっくりと転がってカップに吸い込まれた。

ナショナル・ホールインワン・レジストリによると、二人のプレイヤーが同じホールでそれぞれホールインワンを決める確率は1700万分の1だという。

 

ジャンボ宝くじは1ユニット1000万枚を発行する。

 

1枚300円なので30億円。1等はそのうちのわずか1本。27本の1等ということなので、1等当選確率が1000万分の1。

 

確率でいうとすごいけどありえなくない。

 

しかし、親子でホールインワンなんて、サイコーの父の日になった事でしょう。

 

ホールインワンするには、確率を考えないで、カップに吸い込まれていくイメージを明確にする。

GOOD LUCK

9E無