fgdsaf

飛距離を考える時、ドラコンとかランニングアプローチはまったく別の概念だと考え、

ドライバーショットでも「飛距離はキャリー」で考えましょう。

何故かというと、ランは落ちた場所の傾斜や芝によって大きく変わるからです。

もちろん、コースマネジメントとしてはランの計算は欠かせませんが、それは飛距離という概念ではなく「どこに落ちてどう転がりどこに止まるか?」という球筋として考えるべき。

また、ゴルフにつきものの、風の影響を考える場合は、より一層キャリーでの計算が重要になってきます。

ですから、ラウンド中の歩測では、キャリーを重視してランとは切り離して測るようにしましょう。

ホールインワンするには、キャリーで直接カップイン。

GOOD LUCK

9E無