1150187_506720126084725_617289459_n

【佐野嘉則さんのホールインワン体験談】

 

私は50歳よりプロ転向して15年になり現在ではシニアプロミニツアーを主催しております。

 

10年ほど前に静岡県浜松レイクサイドGCで開催されておりました。

 

シニアゴルフ競技会シスコカップ最終日の16番215ヤードショートホールでのホールインワンのお話です。

 

最終日16番に来ると3~4組待ちの状態で前の組のショットを見学。

 

若干の迎え風の中殆どの選手はユーティリティ・フェアウェーウッドでのショット。

 

4人に1人2人がナイスオン状態。

 

私達の組の番、前のホールボギーの私は3番目。

 

先にショットのシニアプロは有名な飛ばし屋。

 

ユーティリティのショットはピンに真直ぐ、

 

次のプロはフェアウェーウッドで、これもピンに真直ぐ、

 

私は練習ラウンドで5番アイアンでのショットがグリーン奥にこぼれた記憶が有るので、

若干の迎え風の中、4.5番を持ってのクラブ選択。

 

後ろから口の悪い仲間プロが「佐野ちゃんグリーンには届かせような」とヤジ、

 

5番を選択し快心のショット。

 

乱視の私は、逆光のグリーンはボールの確認は困難であり、

 

ピンの方向打てた安ど感からティを拾った。

 

 

15~6人の選手が大騒ぎ。

 

 

グリーンに行くとボールは見事カップに有りました。

 

 

クラブハウスに戻るとすでに情報は届いておりまして大拍手。

 

話題は使用して「5番アイアン」の話で、プロ仲間に祝い酒を¥20000くらい飲まれました。

 

ショート4ホールに賞金

 

3ホールには200万円

 

私の達成ホールには¥50万円が有りました。

 

これが初めてのホールインワンでした。

 

その後、私の主催ツアー連ランで達成できました。

 

 

 

【佐野嘉則よりアドバイス】

 

ホールインワンするためのアドバイスです。

 

私はゴルフを始めて38年経ちますが、

 

ホールインワンは狙って入る物ではありません。

 

ゴルファーはアバウトには旗を狙いショットしております。

 

その結果がホールインワンと言うグランドスラムにめぐり合うことになります。

 

達成出来るまで辛抱強くショットし続けましょう。

 

ホールインワンするには、ミート率の良いショットを練習する事です。

 

GOOD LUCK

9E無