DSC01174

ディボットを埋めるマナー

 

ゴルフでは、ショットで芝を削った場合、出来るだけ拾い集めて埋めるようにします。

 

切り取った芝の塊のことをディボットといい、切り取られた跡のことをディボットマークといいます。

 

自分がはまった時はイヤな思いをするので、「自分がさせて嫌なことは人にしない」ということで、次のプレーヤーのためにしっかりディボットは埋めておきましょう。

 

 

 

洋芝はクラブで芝を削るとゾウリのようなターフが取れます。

 

洋芝はそれを戻してあげればいいです。

 

でも、日本芝はターフがばらばらになる場合が多いため、戻すに戻せない時があります。

 

そこで、目土。

 

 

日本芝は、ほふく茎で増えますので周りの芝が、その目土のところに茎を伸ばしていきます。

 

そして、目土の場所からまた芝が出てくる、という寸法です。

 

このような知識がないと、ゴルフ場で・・・「なんでこんなところに砂山がある?」とか「この袋に入った砂、どうするの?」ってなります。

 

ゴルフのルールだけでなく、ゴルフに関係する芝の事を理解してプレーすると、いっそうゴルフが面白くなります。

 

 

キャディさんの仕事かもしれませんが、知っててやらないのと、知らないでやらないのでは、月とすっぽん、皇太子と明太子、菊紋とくまモンぐらい違います。

 

 

 

ホールインワンするには、目土の必要ないように一打で入れる。あ!?ティショットでターフとるかぁ・・・やっぱ目土しましょう。

GOOD LUCK

9E無