DSC0142811.jpg
「気合いトップ」とは、
ゴルフ用語です。
気合いとは、緊張感を高め、精神を集中する。と広辞苑には書いてあります。
トップとは、ゴルフボールの上を打ってしまい、ボールが上がらず、低く転がってしまうこと。
トップするのは、ヘッドアップが原因だとよく言われます。
ボールの位置(前後左右)を変えてみる、スタンスを変えてみる
スィングの途中で膝が伸びたりして、身体が伸びてクラブがボールから離れてしまうので、
構えた当初と同じ位置にヘッドが戻るように、身体を伸ばさないようにスィングしてみる。
理屈はどうであれ、原因はさまざまです。
さて、ダフリとトップはミスショットです。
しかし、ダフリよりトップのほうが、球を打ちにいっている。
気持ちが前に出ているということ。
「やらずに後悔するのなら、やって後悔する」
「後ろ向きに倒れるのではなく、前向きに倒れる」
と同じで、ダフッてチョロより、思い切ってトップしてOBのほうが、
スコア的にはいけませんが、トータルで考えると、後につながるショットのはずです。
パターも、ショートは可能性がないが、オーバーは可能性がある。
朝から気合いトップがでれば、気持ちが前に出ているという事なので最高です。
ホールインワンするには、ショートでは穴に入る可能性がありません。
しかし、オーバーだと穴に入る可能性があります。
すなわち、無難にまとめようとするとホールインワンできません。
つねに、前向き、前のめり、気持ち勝ちを心がけましょう。
最近では、一生懸命やる姿がダサいと言われます。
たかがゴルフとか、遊びやしとか、、、
たかがゴルフは、されどゴルフです。
遊びを本気でやらないで、人生充実しますか?
真剣に取り組む姿は美しく素晴らしいです。
GOOD LUCK
9E無